これからは、安価なMVNO格安SIMでスマホ、携帯電話を持つ時代

◆MVNOとは・・・

docomoや、au、ソフトバンクといった、主キャリアから回線をかりて、サービスを提供している事業です。

これらの事業会社は、主に、b-mobaile、OCNなどが有名です。
最近では、ゲオやビックカメラなども参入してきていますね。

◆格安音声SIM、格安データ通信SIM

MVNOの格安、安価なSIMは大きく分けて2種類に分類されます。

音声+データ と データのみ の2種類です。

どういう運用かにもよりますが、今までのスマホ、携帯電話を安く運用したい方には、音声+データになると思います。

2台目、3台目とかにする場合は、データのみでいいかと思います。

音声+データの場合、今ある番号をそのまま使えるようにMNPで引っ越しできますので、安心です。

◆通信速度と制限

注意しておきたいのが、通信速度、通信制限です。

現状でも、LTE系は7GBの制限とかが多いと思いますが、格安の場合は、その制限が非常にきつくなっています。
そのおかげで、料金が安く抑えられているのもありますが。

一般的には、低速固定、1GBなど、ありますので、別途、一覧表をご参考にしてください。

おすすめは、1GB以上利用後は、低速固定のを選ぶと通常利用も問題ないかと思います。(ヘビーユーザーはそもそも格安SIMは不向きです)

金額を押さえたい場合は、低速固定を選ぶといいですね。
LINEやメールなどは、問題なくできて安心です。

◆SIMフリー端末、携帯、スマホ

格安SIMで利用するには、SIMフリーといわれる、特定キャリアのみではない端末が必要になります。

また、SIMフリー端末がないという方は、新たに購入するしか無いように思われますが、実は、SIMフリー端末じゃなくても使えるのでご安心ください。

ドコモもスマホ、携帯電話をお持ちの方は、簡単です。
たいていの格安SIMはドコモの回線を利用していることが多くSIMフリーではなくてもそのまま使うことが可能です。

また、ドコモの端末ですと、ドコモステーションにてSIMフリー化も有料(3000円/税別)ですがしてもらえます。ただし、iPhone等は対象外です。

auの端末で、SIMフリーではない場合は、au回線を利用した「mineo」などを利用することになりますが、選択種は少ないのが現状です。

ソフトバンクの端末の場合は、まだ、業者がないため、待つしかないようですが、年内には出てきそうな感じですね。

最後の方法としては、自己責任となりますが自力でSIMフリー端末に改造したり、アダプターなどを使うのも手ですね。

少し前のiPhone 3GS などは、SIMフリーに簡単にできるのでおすすめですね。

アンドロイドに関してもギャラクシーなどもSIMフリーに簡単にできますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*